宮崎科学技術館

HOME > プラネタリウム > 火星最接近(大接近)(2018年7月31日)

プラネタリウム

火星最接近(大接近)(2018年7月31日)

2018年夏、火星大接近についてのご案内です。
今年は地球に火星が大接近し、夜空で明るく輝きます。
オススメの天文現象の一つです。

内容

●2018年7月31日(火)に火星が地球に大接近します!

〔継続的に観察を続けてみよう!〕
2018年7月31日(火)に火星が地球に最も近づきます。
「火星の大接近」と聞くとその瞬間だけのように思いますが、最接近の前後数週間は接近した状態が続くため、普段よりも数倍明るい火星を見ることができます。
5月、6月から継続的に観察を続けて、7月末の大接近時と明るさの違いを比べてみるとおもしろいですね。
大接近となる7月31日(火)は南の空に高く昇る22時30分ごろが見やすい時間帯となります。

さあ、夏の夜空にお出かけてみませんか!?レッツ・スターウォッチング♪
〔観察のポイント〕
◆火星の表面に広がる酸化鉄(赤い土)が太陽に照らされるため真っ赤に輝く様子を見ることができます!
◆日ごとに明るさが変化していく様子を観察してみましょう!
◆できれば街灯かりの少ない場所を選んで観察しましょう!
◆明るい天体ですので自宅からでも十分楽しめる観察です。ご家族でゆっくり観察してみましょう!
※小・中・高校生のみなさんは必ず大人のひとと一緒に出掛けましょう。

火星大接近_資料はコチラ[PDF]からご覧いただけます。

 


 

〔火星の接近とは…?〕
太陽系の惑星の1つである”火星”は、地球の外側を回っています。
その様子はまるで地球と火星が、追いかけっこをしているように追いつき、追い越しを繰り返しています。
火星は約2年2カ月ごとに地球と近づきます。
mars-approach-m

 

そして、地球と火星の距離が最も近くなる時を「最接近」とい言います。
2018年7月31日に最接近を迎え、火星は地球から5759万㎞まで近づきます。

〔大接近とは...?〕
最接近の距離は毎回違います。
その理由は、地球と火星の軌道に関係しています。
ほぼ円形の地球の軌道に比べて、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしているからです。
地球と火星の軌道が最も遠い時を「小接近」、最も近い時を「大接近」と呼んでおり、2018年は15年ぶりに大接近となるのです。


◆関連サイト
国立天文台

AstroArts

日時
地球最接近 2018年7月31日(火)
対象
幼児~一般
場所
宮崎市内全域で広く観察できます。
お問い合わせ
・お申込み先
【宮崎科学技術館】
TEL:(0985)-23-2700 / FAX:(0985)-23-0791
担当課:業務二課(プラネタリウム担当)
メール:msc08@cosmoland.jp