宮崎科学技術館

HOME > プラネタリウム > みやざき星空大調査2021年(夏)調査結果

プラネタリウム

みやざき星空大調査2021年(夏)調査結果

みやざき星空大調査2021年(夏)調査結果
内容

2021年夏の調査は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、イベントは行わず、職員のみで宮崎市内から見える星空2か所(①市民の森 運動広場、②宮崎科学技術館横 文化の森池周辺)を調査しました。
当日は「GLOBE at Night」の調査手法により”はくちょう座の見え方”を確認しました。

※詳しい調査手法はこちら(GLOBE at Nightホームページ)からご覧になれます。

調査当日、天候が心配されましたが、調査時間には雲が切れ、比較的よい条件で調査を実施することができました。

〔調査結果〕
★観察シートを見ながら、はくちょう座周辺の星の見え方を1つずつ確認しました。
その結果、①市民の森→ランク「」②宮崎科学技術館横→ランク「2」でした。
(観察シートには、ランク0~7まであり、7が最も星がよく見える状態=光害の影響が少ない夜空です)

ココ(2021年夏_調査結果)をクリックすると大きくしてみることができます。

ランク「4」は、はくちょう座の羽先に輝く星(HIP104822など)が見えるかというところでしたが、市民の森からはしっかりとその存在を確認することができ、ランク「4」の調査結果となりました。
一方、中心市街地に位置する宮崎科学技術館横・文化の森では、はくちょう座の胸元で輝く2等星(サドル)までは確認できましたが、くちばしで輝く(アルビレオ)や翼に位置する星は肉眼でとらえるのが難しい状況でした。これより、ランク「2」の調査結果となりました。
※全国の調査結果はこちらからご確認いただけます。

皆さんのお住いの地域の空の状態はいかがでしょうか…?これからもみんなで私たちの町の星空を守っていきたいですね。

時間
調査日→2021年9月2日(木)20:00~21:00【2021年(夏)の調査は終了しました】
対象
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、今回は職員のみで調査を行いました。
場所
阿波岐原森林公園 運動広場
宮崎科学技術館横 文化の森池周辺