宮崎科学技術館

HOME > プラネタリウム > みやざき星空大調査2022年(冬)調査結果

プラネタリウム

みやざき星空大調査2022年(冬)調査結果

みやざき星空大調査2022年(冬)調査結果
内容

2022年冬の調査は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、イベントは行わず、職員のみで宮崎市内から見える星空2か所(①市民の森 運動広場、②宮崎科学技術館横 文化の森池周辺)を調査しました。
当日は「GLOBE at Night」の調査手法により”オリオン座周辺の星の見え方”を確認しました。

※詳しい調査手法はこちら(GLOBE at Nightホームページ)からご覧になれます。

調査当日、雲はほとんどなく非常によい条件で調査を実施することができました。

〔調査結果〕
★観察シートを見ながら、オリオン座周辺の星の見え方を1つずつ確認しました。
その結果、①市民の森→ランク「4」②宮崎科学技術館横→ランク「4」でした。
(観察シートには、ランク0~7まであり、7が最も星が見える状態=光害の影響が少ない夜空です)

ココ(2022年冬_調査結果)をクリックすると大きくしてみることができます。

ランク「4」は、オリオンの三ツ星の下部に位置する白い雲のような“オリオン大星雲”が見えるかどうかというところでした。市民の森からはしっかりとその存在を確認することができました。また、昨年はランク「3」であった宮崎科学技術館横・文化の森でもうっすらと“オリオン大星雲”を確認でき、2022年はともにランク「4」の調査結果となりました。

ただし、同じ条件で撮影した写真を比較すると、より中心市街地に近い宮崎科学技術館横・文化の森のほうがかなり街灯かりが明るいことが分かりました。

皆さんのお住いの地域の空の状態はいかがでしょうか…?これからもみんなで私たちの町の星空を守っていきたいですね。

※全国の調査結果はこちらからご確認いただけます。

時間
調査日→2022年2月4日(金)19:00~20:00【2022年(冬)の調査は終了しました】
対象
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、今回は職員のみで調査を行いました。
場所
阿波岐原森林公園 市民の森運動広場
宮崎科学技術館横 文化の森池周辺